余暇の過ごし方を提案する企業、平川商事株式会社

平川商事株式会社は1957年6月に創業されたエンターテイメント事業を展開する会社です。代表取締役社長は平川晴基氏、資本金はグループ系で3億9,630万円、従業員数はパート・アルバイトを含みグループ全体で2,675名です。
平川商事株式会社の事業内容は、パチンコ事業やアミューズメント事業、リゾート事業、ゴルフ事業、不動産事業、アパレル事業で、本社は大阪府八尾市にあります。

この商事株式会社では豊かな社会は余暇の充実、という考え方に沿った事業が展開されています。将来的には労働時間や家事へ費やす時間の減少に伴い、人々が自由にできる時間は増加傾向にあります。
日本21世紀ビジョンにおいても、2030年は、2002 年より10%以上も余暇の時間が増大すると予測されています。
そのような背景のもとで、この商事株式会社では、余暇の過ごし方の多様化が起こるという考え方に基づき、安・近・短というキー概念を大切にした事業運営に舵をとった事業展開がなされています。
平川商事株式会社が取り組みを進めている余暇産業は、すぐに手の届く非日常空間として今後ますます注目を浴びていくと考えられています。

有給休暇の取得は70 %の取得率まで引き上げられるという目標が政府にあり、それを踏まえて休暇環境整備も進んでいます。そのような中で、余暇という領域において、人々に夢や希望、
そして幸せを提供することを目標に新たな余暇の価値を提供するのがこの商事の役割であると考えられています。そのためには、顧客のニーズを探り、顧客が満足する価値を提供することで、
顧客の新しい満足を創り出すことを最大の使命と位置づけ、この商事では会社経営が行われているのです。それを使命ととらえ、その使命を果たすことに専念すべきであると考えられています。

同時に、人々に夢や幸せを提供する側である、そこで働く人間の心が豊かであることも大切であるといわれており、売上高1,300 億円を突破して2,400 名を超える従業員が働くという企業グループ規模を追うのではなく、
一人ひとりがこの商事グループでさらに新しい挑戦を行いながら、全体として発展していく企業でありたいという願いをもっているのが平川商事株式会社です。

この商事株式会社は関西を基盤として、着実な進化を続けて、東京や世界へのチャレンジに至っています。この商事株式会社では今、後の余暇の充実を求めるニーズはこれからもさらに大きくなることが予想されるという考えのもと、
成長と安定の精神を基盤にして果敢にチャレンジをし続けるというビジョンをもって成長が遂げられています。