社員から見た平川商事株式会社について

平川商事株式会社では2015年にはパティスリーベックシュクレが開業され、ARROW大東店がグランドオープンしました。平川商事株式会社の沿革には一歩ずつ着実な事業の発展の跡がうかがえます。
社員から見たこの商事株式会社はどのように映っているのでしょうか。そこで、実際にこの商事株式会社で働いている社員の人々の声をご紹介したいと思います。

ある社員の方は、入社当時を振り返られ、パチンコ業界も当社も成長途中だったからこそ自分たちの手で作るやりがいがあったとコメントされています。将来につながる会社作りに向けて、
ひたすら挑戦する日々が続き、ある時、社長にバッティングドームを作ってみるかどうかについて問われたことがあったそうです。

当時、経験も知識もないまま計画を立てて、営業方針から人材手配なども全て自身で決定して、オープンを行ったことを振り返られ、あの時、ゼロから店舗を作り上げることができたことが大きな自信につながったとおっしゃられています。
平川商事株式会社では、若くてもチャレンジさせてもらえる文化があって、それができたのは信頼関係を最も大切にする組織だからこそだとおっしゃられています。本音で向き合って理解し合っているからこそ、
上司も部下に挑戦をさせることができ、また、部下も期待に応えようと一生懸命責任感をもって最後までやり遂げることができたのだとおっしゃられています。

そのスタイルは入社した頃から変わっておらず、将来を真剣に考えて、目標に向かって努力できる人材は必ずバックアップされるとおっしゃられています。
この商事株式会社は社員にきちんと仕事を任せ、必死に頑張ろうとする社員を応援するという分化がある企業だということが分かります。だから、社員のやる気が高まっていって、会社もどんどんと発展を遂げていくことができたといえます。
また、学生時代からアルバイトをかけ持ちをしていて、入社をした社員当時のことを振り返っています。既に他のアパレル会社に内定が決まっていたけれども、
一緒に変えないかと誘われて入社を決意されたということです。熱のこもった言葉に心を動かされ、がむしゃらに働いて入社2年目で本社勤務をされ、専務に付いてマネジメントディレクターを担当された方です。
一生懸命に頑張る社員は年齢に関わらず重要な仕事を任せてもらえる、そんな会社が平川商事株式会社といえます。

若い社員のやる気を引き出すことができる組織の風土と経営方針の両方が相乗効果となって、今日の発展につながったという会社が平川商事株式会社です。