会社情報について

川中商事は昭和28年に設立された会社です。
非常に幅広い事業に取り組んでいますが、電子業界として他ではできないような知識と技術を身に付けて今現在に至っています。
時代の流れとともに大きく変化している電子業界。
なによりも先を読んで対応していくことが非常に重要なカギとなってくる業界でもあります。
川中商事では常に最先端の技術を取り込み、消費者に信頼される安心感のある企業であり続けています。

数ある事業の中でも最も有名なのがデバイスソリューションです。
半導体、一般電子部品、それに表示デバイスやモジュールなど、現代社会で生きていくうえで誰もが必要する部門です。
多くの企業が取り組んでいるこのデバイスソリューションですが、常に進化を続ける部門でもあり少し気を抜けばどんどん置き去りにされてしまうこともあります。
川中商事では先端技術を駆使して多くの人が快適に生活を送れるような電子備品を常に研究、開発しています。

そして最近では未来型の新製品も登場しています。
触れずに操作可能となっている未来型のインターフェース。
その名は「AIplay」です。
空間に浮かび上がった映像を通してタッチやフリックなどの操作ができるような商品となっていて、川中商事が商標登録出願済みとなっています。
触れずに操作が可能ということは、衛生的で医療面での活躍がまず期待できます。
病気などの人が多く訪れる病院などでは最近は画面で予約状況を確認したりするシステムを取り入れているところが多いですが、間接的に人と人が接触することで、院内感染などの不安感を抱く人もいます。
この未来型のAIplayを採用することで、間接的な接触がなくなり安心して利用することができるようになります。

またエンターテイメントの分野でも活躍できる商品となっていて、新しいゲームなども登場するのではないでしょうか。
そしてセキュリティに関しても非常に大きな役割を果たします。
指紋認証システムよりも、より精度が高くなり暗証番号を他人に読み取られるリスクも大幅に減ります。
どんどん進化するこの時代、快適に安心して生きていくために必要な点に着目した逸品ではないでしょうか。

このように川中商事では今ではまだ考えもできないような最新の技術を駆使した製品の誕生に取り組んでいることがわかります。
日本を代表する数多くの一流企業が誕生させるたくさんの次世代商品、その陰で川中商事
はいつも支えながら自らもどんどん進化しているのではないでしょうか。