川中商事の企業理念が世界を食でつなげる

川中商事の企業理念は、食を通じて世界中の人々がより健康で豊かになるライフスタイルを提案する、ということです。 食事というのは、ただおいしい食材を使えばよいのでしょうか。それとも、調理さえうまくできればそれでよいのでしょうか。さまざまな視点から考えなければいけません。 川中商事では、マクロビオティックを土台にして大きな視点でとらえ、自然環境と共存できる人間らしい食のあり方を追求しています。 軸...

川中商事株式会社の創業

創業自体は1906年の3月であり、最初に福井県の福井市内において、薬種商である「江守薬店」としての開業がきっかけで、今日までに至ります。 そして、1958年の5月に法人化を行い、この時に「川中商事株式会社」となり、これが今日の川中商事株式会社の礎になります。 そして現在、45億円もの大規模な資本を有している大規模な事業主になっています。そしてその事業範囲なども、 最初の川中商事株式会社の薬品業に始まって...

川中商事株式会社の事業内容とは?

川中商事株式会社は、明治初期に創業された歴史ある商社として知られています。 わが国日本においての海外貿易が幕開けされるともに、川中商事株式会社は、事業をスタートさせました。 その後、長い120年もの間、歴史の中で培われた、サプライヤーとユーザーの双方との信頼を基礎として、時代に合わせた事業を展開してきています。 現在においても、時代の流れにマッチした、新たな事業フィールドに挑戦し続けています。 ...

ものづくりの精神

川中商事は今から70年前、1946年に神戸製鋼の専門商社として誕生しました。 神戸製鋼の持つ「ものづくりの精神」は川中商事にも強く共有されており、自信を持って品質の高い製品を世界中に提供すべく、70年間欠かさず邁進し続けてきたのです。 神戸製鋼の事業は「鉄鋼本部」・「鉄鋼原料本部」・「非鉄金属本部」・「機械・情報本部」・「溶材本部」の大きく5つの部門に分かれています。 鉄鋼本部は線材や条鋼、厚板、薄...

川中商事のグローバル・ビジネス

川中商事は神戸製鋼のグループ会社で、鉄鋼や機械、溶材などの関連商品を製造・販売しています。 神戸製鋼の中核であり、日本だけでなく、グローバル展開しているのが特徴です。 川中商事が特に力を入れているのは、中国やアジア、インド、北米・メキシコでのグローバルビジネス展開です。 いずれも成長が著しい国々で、今後も成長が期待できる重要な市場となっています。 中国には現地法人を設置し、グループ会社とし...

CSRへの取り組み

CSRという言葉を聞いたことがあるでしょうか。 CSRとは、企業が社会に対する責任を持ち、かつ社会とともに発展を目指すための試みを指します。 企業が事業を行う上で重要な倫理的・社会的観点から、様々な人々と関わりを持ち、社会へ貢献していくことが目的です。 川中商事は、様々なCSRへの取り組みを行っています。 同社の取り組みの中で、特に注目するべき点が、ISO14001の認証を取得していることではないでしょうか。...

川中商事の概要について

川中商事は多彩な分野で事業を行う企業です。 日本を代表する神戸製鋼グループの中でも柱となる存在として、鉄鋼原料、鉄鋼、非鉄金属、更には機械や情報、溶剤という部門体制で多くの人が安心できる活動をしています。 川中商事を語るうえで欠かせないのがやはり鉄鋼本部です。 日本だけではなく世界中に存在している神戸製鋼のグループネットワークをフル活動して海外事情の立ち上げなどもバックアップしています。 ...

川中商事の事業紹介

商社、と一口に言っても、世の中には「総合商社」と呼ばれるものと、「専門商社」と呼ばれるものがあります。 総合商社は一般的に有名な会社も多く、単なる卸販売だけではなく、独自に資源開発や新事業に着手している会社が多く存在します。 それに対して専門商社は取り扱う商品のジャンルごとに存在し、伝統的な卸売などが主力になっています。 専門商社はなかなか一般人は名前も知らない企業が多いかもしれませんが、実は...